Windows 8からWindows 8.1へは無償でアップグレードできます。

Windows 8のパソコンを利用している方は、Windows 8.1にアップグレードしましょう。

パソコン初心者の方のために「初期設定の方法(Windows 8.1にアップグレード)」をお伝えします。

Windows 8.1の初期設定

再起動が終わるとWindows 8.1の初期設定の画面が表示されます。

初期設定の方法をお伝えします。

1.ライセンス条項

「ライセンス条項」で「同意します」をクリックします。

2.設定

設定」で簡単設定」を使うをクリックします。

3.Microsoftアカウントへのサインイン

「Microsoftアカウントへのサインイン」で Windows 8でサインインしていたアカウント名が表示されます。

パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
 

4.情報の保護

「情報の保護にご協力ください」が表示されます。

Microsoftアカウントに登録したメールでコードが確認できるかどうかでクリックする場所が異なります。

メールの確認できない場合

「情報の保護にご協力ください」で「今は行わない」をクリックします。

初期設定が終わってからコードを入力します。

操作方法は次の項目「コードの入力方法(Windows 8.1にアップグレード)」をご覧ください。

メールの確認ができる場合

今、初期設定を行っているパソコン以外で「コードの受け取り方法」に登録されているメールアドレス宛のメールを確認できる場合は、「コードの受け取り方」に表示されているメールアドレスを確認→「次へ」をクリックします。

「受け取ったコードを入力してください」が表示されますので、受信したメールにあるコードを入力→「次へ」をクリックしてください。

5.OneDrive

「OneDriveをお使いになれます」の「次へ」をクリックします。

OneDriveとはオンラインストレージ(インターネット上にデータを保存できる)です。

6.アプリのインストール

「アプリをインストールしています」が表示されますので、しばらく待ちます。

7.スタート画面が起動

アプリのインストールが全て終わるとWindows 8.1のスタート画面が表示されます。

 
今回は、「初期設定の方法(Windows 8.1にアップグレード)」をお伝えしました。