はじめに(インターネット)

Windows XPのパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「はじめに - インターネット(Windws XPの引越しの準備)をお伝えします。

Windows XPで使われれるブラウザ

ブラウザとはインターネットを見るために使うソフトです。

Windows XPでは、ほとんどの人がInternet Explorer(インターネット・エクスプローラー)を使っています。

Windowsと同じ会社であるMicrosoft(マイクロソフト)のブラウザです。

他にはMozilla Foundationの「Firefox(ファイアフォックス)」、Googleの「Chrome(クローム)」、Opera Software ASAの「Opera(オペラ)」、FenrirのSleipnir(スレイプニル、スレイプニール)がありますが、これらのブラウザを使っているパソコン初心者の方は少ないです。

Windows XPでは、Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー)の6、7、8を使っている人が多いです。

6と7は操作方法がほとんど同じなため、このホームページでは、「Internet Explorer6・7」、「Internet Explorer 8」と2つの操作方法を説明させていただきます。

引越しできるインターネットのデータ

Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー)からは以下のものが引越しできます。

お気に入り

よく見るホームページを登録しておくところ

クッキー(Cookie)

今まで入力しましたIDやパスワードを覚えているのが、クッキーです。

例えば、楽天やYahooなどでインターネットでショッピング、YahooメールやHotmailなどのIDやパスワードです。

IDやパスワード以外にも、インターネットでホームページを見るときに自分で設定したことや、ホームページを訪れた日時などが記録されています。

クッキーを引越しすると細かい部分ですが、手間が省けます。

フィード

自分がよく見るホームページのどの記事が更新されたかを把握するための機能です。

Internet Explorer6・7にはなく、8からの機能です。

 

次は「保存フォルダ - インターネット(Windws XPの引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ