Thunderbirdにメールのデータをインポートする方法(Windows 10)

引越し前のパソコンでバックアップしたデータを新しいWindows 10のパソコンで使えるようにする方法です。

パソコンの引越をしたい方に「Thunderbirdにメールのデータをインポートする方法(Windows 10へ引越し)」をお伝えします。

Thunderbirdではすべてのデータが1つにまとまっている

古いパソコンでバックアップした「Profiles」というThunderbirdのデータには、以下のものが1つにまとめられています。

  • メールアカウント
  • アドレス帳
  • 送受信したメール
  • アドオン(拡張機能)
  • 設定

 

Thunderbirdでは、一度の操作で、これらすべてのデータをインポートすることができます。

Thunderbirdでインポートする方法

ここからは古いパソコンでバックアップしたThunderbirdのメールのデータを新しいパソコンにインポートしていきます。

Thunderbirdのバックアップ(エクスポート)方法はこちらをご覧ください。

Thunderbirdのバックアップ方法(Windows 10の引越しの準備)

Thunderbirdのバックアップ方法(Windows 7の引越しの準備)

 

1.Thunderbirdのプロファイルの場所を開く

「スタートボタン」をクリック→「ドキュメント」をクリックします。

※ここでは「ドキュメント」を開きますが、フォルダであれば何でも大丈夫です。

ドキュメントを開く

アドレスアバーにある「コンピューター」右の空白をクリックします。

アドレスバーをクリック

クリックすると「コンピューター」が青く選択されます。

青くなった「ドキュメント」

この状態のまま、こちらのパスをコピーします。

%APPDATA%/Thunderbird/Profiles

コピーしたパスを「コンピューター」部分に貼り付けます。

コピーしたパスを「コンピューター」部分に貼り

Enterキーを押すとThunderbirdの「Profiles」フォルダが開きます。

Thunderbirdの「Profiles」フォルダ

 

 

2.Thunderbirdのプロファイルを削除する

元々ある「Profiles」フォルダの「○○.default」を削除します。

「○○.default」を右クリック→「削除」をクリックします。

※削除するのが心配な方は、名前の変更をしてください。

プロファイルを削除

 

3.Thunderbirdのプロファイルをコピーする

古いパソコンでバックアップ(エクスポート)した「◯◯.default」を「Profiles」フォルダにコピーします。

Ctrlキーを押したままドラッグするとコピーできます。

プロファイルをコピー

この「◯◯.default」の名前は後から必要になりますので、この画面をこのまま開いておくか、名前をメモしておいてください。

 

 

4.Thunderbirdのプロファイル(テキスト)を書き換える

「Profiles」フォルダの1つ上の階層にある「Thunderbird」フォルダをクリック→「Profiles」(歯車のマーク)をダブルクリックします。

メモ帳で下記の内容が表示されます。

「Profiles」の内容

下記の「●」の部分を上記で説明した「◯◯.default」の「○○」に書き換え(コピペでもOK)てください。

[Profile1]
Name=default-release
IsRelative=1
Path=Profiles/●.default-release

 

下記の「▲」の部分を「0」に書き換えてください。

[General]
StartWithLastProfile=▲
Version=2

 

赤で囲んだ部分を書き換えてください。

書き換えた部分を保存するため、「ファイル」→「上書き保存」をクリックします。

「Profiles」の上書き保存

 

 

5.ユーザープロファイルを選択してThunderbirdを起動する

デスクトップにあるThunderbirdをダブルクリックして起動します。

ユーザープロファイルの選択が表示されるため、「default」をクリック→「今後このプロファイルを使用する」にチェック→「Thunderbirdを起動」をクリックします。

ユーザープロファイルの選択

ユーザープロファイルが読み込まれて、Thunderbirdが起動します。

 

これでThunderbirdのすべてのデータのインポートが完了です。

 

次は「はじめに - インターネット - Windows 10へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ