Outlookにメールのデータをインポートする方法(Windows 10)

引越し前のパソコンでバックアップしたデータを新しいWindows 10のパソコンで使えるようにする方法です。

パソコンの引越をしたい方に「Outlookにメールのデータをインポートする方法(Windows 10へ引越し)」をお伝えします。

Outlookではすべてのデータが1つにまとまっている

古いパソコンでバックアップした「○○.pst」というOutlookのデータには、以下のものが1つにまとめられています。

  • メールアカウント
  • アドレス帳
  • 送受信したメール
  • 個人用フォルダー

 

Outlookでは、一度の操作で、これらすべてのデータをインポートすることができます。

Outlookでインポートする方法

ここからは古いパソコンでバックアップしたOutlookのメールのデータを新しいパソコンにインポートしていきます。

Outlookのバックアップ(エクスポート)方法はこちらをご覧ください。

Outlookのバックアップ方法(Windows 10の引越しの準備)

Outlookのバックアップ方法(Windows 7の引越しの準備)

 

1.Outlookの「インポート/エクスポート」を開く

Outlookを起動します。

ここではデスクトップ画面にあるOutlookのショートカットをダブルクリックして、Outlookを起動します。

Outlookを起動する

メニューバー「ファイル」をクリックします。

Outlookの「ファイル」

左メニュー「開く/エクスポート」→「インポート/エクスポート」をクリックします。

Outlookの「インポート/エクスポート」

 

2.Outlookの「インポート/エクスポート ウィザード」

「他のプログラムまたはファイルからのインポート」→「次へ」をクリックします。

他のプログラムまたはファイルからのインポート

「Outlookデータファイル(.pst)」をクリック→「次へ」をクリックします。

Outlookの「Outlookデータファイル(.pst)」

「参照」をクリックします。

この「参照」からは古いパソコンでバックアップ(エクスポート)したOutlookのメールのデータを開きます。

Outlookのバックアップ方法(Windows 10の引越しの準備)

Outlookのバックアップ方法(Windows 7の引越しの準備)

「参照」をクリック

「デスクトップ」→「メール」→「開く」をクリックします。

Outlookのデータファイルは「backup」という名前で保存されています。

バックアップしたOutlookのメールのデータを開く

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリック

「インポートするフォルダーの選択」でインポートしたいOutlookデータファイルをクリック→「サブフォルダーを含める」をクリックしてチェックを入れる→「完了」をクリックします。

Outlookのバックアップ完了

 

これでOutlookのすべてのデータのインポートが完了です。

 

次は「はじめに - インターネット - Windows 10へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ