Windows 8.1へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。

パソコンの引越をしたい方に「バックアップしたデータをコピーするには?(Windows 8.1へ引越し)」をお伝えします。

Windows XP、Vista、7でバックアップしたデータを用意

Windows XP、Vista、7でバックアップした「自分で作成したデータ」、「メール関連のデータ」、「インターネット関連のデータ」が入っている各メディア、外付けハードディスク、USBメモリを準備します。

CD-R、DVD-R、BD-R

Windows 8.1のパソコンにあるCD、DVD、BDドライブに入れるだけで、中を開くことができます。

USBメモリ、外付けハードディスク

パソコンに接続します。

しばらくするとパソコンに認識されます。

 
まずはWindows XP、Vista、7でバックアップしたデータを、Windows 8.1にコピーして引越しの作業をします。

自分で作成したデータ

各メディアに保存しました「自分で作成したデータ」は、メディアからWindows 8.1の「ドキュメント」、「ピクチャ」、「ミュージック」、「ビデオ」などのフォルダにコピーするだけでOKです。

詳しくは、「自分で作成したデータを3つのグループに分ける(Windows 10の引越しの準備)」をご覧ください。

メール関連のデータ

Windows XPではOutlook Express(アウトルック・エクスプレス)、Outlook(アウトルック)、Windows VistaではWindows メール(ウィンドウズ・メール)、Windows 7ではWindows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)のメールソフトに関するデータをバックアップしました。

これらのデータをWindows 8.1で一般的に使われるWindows Live メールへ、インポート(取り込み)します。

メールアプリへのインポートはできません。

単純にコピーをするだけでは、使うことができませんので、注意してください。

詳しくは、「3つのメールソフト(Windows 8.1へ引越し)」をご覧ください。
 

インターネット関連のデータ

ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)はいろいろありますが、パソコン初心者の方は、Windows 8.1でも、Windows XP、Vista、7と同じインターネットのソフトである、Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー)を使うことが多いです。

Windows XP、Vista、7のInternet Explorerでエクスポートしたデータを、Windows 8.1のInternet Explorerにインポートします。

単純にコピーをするだけでは、使うことができませんので、注意してください。

詳しくは、「Internet Explorer 11のデータをインポート(Windows 8.1へ引越し)」をご覧ください。

Windows転送ツールのデータ

Windows転送ツールとは?」でもお伝えしましたが、Windows XPとWindows VistaでバックアップしたWindows転送ツールのデータは、Windows 8.1へ引越すときには利用できません。

Windows 7でバックアップしたWindows転送ツールのデータは、データは引越しできますが、設定の引越しできません。

Windows 8.1へ引越しをするときには「4種類の引越し方法 – はじめに – 基礎知識」にあります「データや設定を個別に引越し」で今後のバックアップを兼ねて、引越しすることをオススメします。

そのため、Windows 8.1へ引越す場合のWindows転送ツールの方法は省かせていただきます。

 
今回は、「バックアップしたデータをコピーするには?(Windows 8.1へ引越し)」をお伝えしました。