個人用フォルダーへコピー(自分で作成したデータ)

新しいWindows 10のパソコンにコピーしたデータを個人用フォルダーへコピーします。パソコンの引越をしたい方に「個人用フォルダーへコピー - 自分で作成したデータ - Windows 10へ引越し」をお伝えします。

デスクトップ画面から「個人用フォルダー」へコピー

引越し前のパソコンでバックアップした「自分で作成したデータ」をWindows 10にある「個人用フォルダー」に引越しする方法をお伝えします。

データのコピー - Windows 10へデータをコピー」で「自分で作成したデータ」をWindows 10のデスクトップ画面にコピーしましたので、それを「個人用フォルダー」(ユーザー名のフォルダ)へコします。

1.「Windows 10へ引越すデータ」を表示する

デスクトップ画面の「自分で作成したデータ」をダブルクリックします。

自分で作成したデータ(Windows 10)

「新しいパソコンへ引越すデータ」をダブルクリックします。

新しいパソコンへ引越すデータ(Windows 10)

ここで開いた「新しいパソコンへ引越すデータ」はこのまま表示しておきます。

2.「ドキュメント」を表示する

デスクトップ画面の「個人用フォルダー」(ユーザー名のフォルダ)をダブルクリックします。

個人用フォルダー(Windows 10)

「個人用フォルダー」が開きます。

個人用フォルダーが開く(Windows 10)

3.「新しいパソコンへ引越すデータ」をコピーする

「新しいパソコンへ引越すデータ」(画像上)フォルダと「個人用フォルダー」(画像下)を並べます。

「新しいパソコンへ引越すデータ」をコピーする01(Windows 10)

「新しいパソコンへ引越すデータ」から「個人用フォルダー」内の「ドキュメント」「ピクチャ」「ミュージック」「ビデオ」などにキーボードの「Ctrl」キーを押しながらドラッグします。

ドラッグをするときには目的のコピー先のフォルダの色が変わってから手を離してください。

「どこに何をコピーするか」は決まりがありません。こだわりがなければ「ドキュメント」に全てのデータをコピーしてもOKです。

「新しいパソコンへ引越すデータ」をコピーする02(Windows 10)

同じドライブ(ハードディスク)内では、ドラッグのみだと移動、キーボードの「Ctrl」キーを押しながらドラッグするとコピーになります。

ドラッグするファイルが複数の場合でも、まとめて移動できます。詳しくは、「移動とコピー - 基礎講座」をご覧下さい。

 

これで、デスクトップ画面の「新しいパソコンへ引越すデータ」から、「個人用フォルダー」内の各フォルダ(ドキュメント、ピクチャ、ミュージック、ビデオなど)内へ引越しが終わりました。

 

次は「3つのメールソフト - メールの引越し - Windows 10へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ