バックアップ(Windows転送ツール・7用)

Windows Vistaのパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「データのバックアップ - Windows転送ツール・7用」(Windws Vistaの引越しの準備)をお伝えします。

データのバックアップ手順

Windows XPからWindows 7に引越しするために、Windows転送ツール・7用のデータのバックアップ方法をお伝えします。

1.外付けハードディスク、USBメモリをパソコンに接続する

外付けハードディスク、USBメモリ(フラッシュメモリ)を接続しますと自動再生画面(下記の画像)が表示されますので、「×」ボタンクリックして閉じます。

外付けハードディスク、USBメモリ(フラッシュメモリ)をパソコンに接続する

2.Windows転送ツールを起動する

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows 7用 Windows転送ツール」をクリックします。

Windows転送ツールを起動する

3.Windows転送ツールの開始

「Windows 転送ツールへようこそ」画面で、「次へ」をクリックします。

Windows転送ツールの開始

4.保存先のメディアを選択する

「項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください」画面で、「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリックします。

保存先のメディアを選択する

5.コンピューターの選択

「現在使用しているコンピューター」画面で、「これは今までのコンピューターです」をクリックします。

基本的には1つの選択しかありません。

現在使用しているコンピューター

「転送できる内容を確認しています」画面が表示され、パソコンのスキャンが始まります。ファイルの量によっては長い時間がかかります。

転送できる内容を確認しています

「このコンピューターから転送する内容を選択します」画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

このコンピューターから転送する内容を選択します

6.パスワードの入力

「転送するファイルおよび設定を保存します」画面で、「パスワード」と「パスワードの確認入力」を入力(パスワードは「●」で表示されます。)し、「保存」をクリックします。

パスワードは設定しなくても問題ありません。

パスワードの入力

7.ファイルの保存

「転送ツールファイルの保存」画面で、「保存する場所」を外付けハードディスク、またはUSBメモリを指定し、「保存」をクリックします。

ファイルの保存

8.ファイルの保存の開始

「ファイルおよび設定を保存しています」画面が表示され、ファイルが保存されます。

ファイルの量によっては数時間かかることもあります。

ファイルの保存の開始

外付けハードディスクやUSBメモリ(フラッシュメモリ)の容量が足らなくなった場合は「データのバックアップ [容量不足] - 転送ツール(7用)」をご覧ください。

9.ファイル保存の完了

「転送のためのファイルと設定が保存されました」画面で、「次へ」をクリックします。

10.Windows転送ツールの完了

「転送ファイルが作成されました」画面で、「次へ」をクリックします。

「このコンピューター上でのWindows転送ツールの処理は完了しました」画面で、「閉じる」をクリックします。

11.保存の完了

外付けハードディスク、またはUSBメモリ内に「Windows 転送ツール - 今までのコンピューターの項目.MIG」が保存されます。

 

「自分で作成したデータ」、「メール関連のデータ」、「インターネット関連のデータ」をすべてまとめましたら、USBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rにコピーをします。

詳しくは、「メディアへバックアップ」をご覧ください。

 

次は「容量不足 - Windows転送ツール・7用(Windws Vistaの引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ